三越は銀座店に、とてもなじみと愛着があります。
何年か前まで銀座でフランス語を習っていました。
私は千葉に住んでいますが、フランス語を習うのは銀座が一番近かったのです。
週に1回、仕事がお休みの日に銀座にフランス語を習うために通っていました。
地下鉄を降りるとすぐ銀座三越の地下に出ます。
その中を通って地上に出ていました。
なので、毎週必ず銀座三越の中を通っていました。

最初の頃は、中を通ることに少し恥ずかしさがありましたが、だんだん慣れてきてお店の中を見たり、気に入ったものを買うようになりました。
地下なので食品売り場があり、珍しい食べ物やお惣菜、スウィーツなどがあって、見ているだけでとても楽しいのです。
時々試食があり、1個100円位のの小さな高級チョコレートをいただいたこともあります。
お惣菜も時々買っていて、創作料理のようなものやオーソドックスなポテトサラダ、コロッケなどを買うことがありました。
どことなく高級感があってうれしかったです。

そしてお気に入りは、1階のアクセサリー売り場でした。
日本中、また世界中から集まった様々なアクセサリーや腕時計などが集まっていて、美術館のようでした。
値段は安いもので何千円位、高いものでは何万円はしていましたが、品物の良さやデザインの素敵さ、洗練された雰囲気から、納得のいくお値段でした。

当時私はフランス語を習っていたこともあり、おしゃれをしたいと考えていたので、お洋服はそれほど高級ではなくても、アクセサリーは良いものをつけたいと思い、銀座三越でアクセサリーや腕時計を購入していました。
毎週のように通っていたので、気に入ったものを見つけるとその場で買うこともあれば、少し考えてから次の週やその後まで考えて、買うこともありました。
同じものがまだ店頭にあるとご縁を感じて購入することがあります。
たくさんの方が訪れる場所なので、まだあることがとてもうれしかったのです。

上の階にある催物会場やギャラリーにはよく行きました。
写真を撮影することが好きなので、芸術や美術に興味があります。
また仕事が美容関係で料理が趣味ということもあり、おしゃれに関すること、食べ物に関することにも関心が高く、様々な展示を見せていただきました。

今はフランス語をやめ、頻繁には銀座には行っていないのですが、時々銀座に行くととても懐かしくうれしくなります。
素敵なもの、おいしいもの、たくさんの楽しみや豊かさを与えていただいていたのだと、感慨深く思い出します。
私の人生を彩る素敵な三越です。

Copyright© 三越株買い方.com , 2017 AllRights Reserved.